DIGGLE株式会社、長期的な事業・組織成長を目指し経営体制を強化

この記事は約6分で読めます。
企業の未来の質を上げる経営管理プラットフォーム「DIGGLE」(https://diggle.jp/)の開発・提供を行うDIGGLE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山本 清貴)は、CFOとして竹村 隆、VP of Salesとして野村 幸裕が就任したことをお知らせいたします。

■就任の背景

DIGGLE株式会社は、「Dig the Potential テクノロジーで、企業の成長可能性を掘り起こす。」をミッションに、経営管理プラットフォーム「DIGGLE」の開発・提供を行っています。2022年にはシリーズA資金調達、2023年には計3億円のデットファイナンスによる資金調達を実施し、「DIGGLE」導入企業の拡大とともに人員数も1年で約2倍となるなど、事業・組織ともに拡大を続けています。2024年の公開を目指し、大幅なプロダクトのアップデートプロジェクトも進行中です。

今後、より長期を見据えた事業・組織の成長を目指すにあたり、継続的な企業価値の向上やIPO準備、成長し続けられる組織づくりに注力すべく今回の経営体制の強化に至りました。

■経営体制

・代表取締役 山本 清貴

・取締役CTO 水上 駿

・COO 荻原 隆一

・CCSO 畠山 遼

・CFO 竹村 隆

・VP of Sales 野村 幸裕

経営チームのメンバー一覧・プロフィールは、下記をご覧ください。

企業情報|DIGGLE株式会社
DIGGLE株式会社は業績の着地予測精度を向上させる予実管理クラウドサービスDIGGLE(ディグル)の開発・提供をしている企業です。


■CFO竹村 隆の略歴と決意表明

略歴:

早稲田大学大学院創造理工学研究科修了。野村證券およびシティグループ証券にて、クロスボーダーM&Aや資金調達等に関するアドバイザリー業務に10年間従事。その後、PKSHA Technologyにて経営企画・財務IRに所属し、全社の予算策定・予実管理や出資および投資先管理、IR業務を経験。2023年5月よりDIGGLEに参画。

決意表明コメント:

グローバルで注目が集まっている管理会計領域にチャレンジするDIGGLEに参画でき、とても嬉しく思います。

予実管理業務を含めた管理会計領域にて自由にビジネスを創出し、DIGGLEがお客様の経営管理インフラとなることで、様々なお客様の企業価値向上に伴走してまいります。


■VP of Sales野村 幸裕の略歴と決意表明

略歴:

同志社大学法学部法律学科修了。キーエンスにて9年間エンタープライズ営業やチームマネジメントに従事。その後Sansanを経て、SALESCOREへ参画し営業組織コンサルティング事業部の事業責任者経験後、Revenue責任者としてセールステックのSaaS事業を立ち上げ、グロースを牽引。2023年4月よりDIGGLEに参画。

決意表明コメント:

近年あらゆる領域でDXが進んでいますが、経営管理ではいまだに多くの企業で管理部門と事業部門間のコミュニケーションを表計算ツールを介して行っています。そのため経営情報の流通距離が大きく「経営判断に時間がかかる」、「効果的なリソースの配分が難しい」という顧客の声を多く聞き、DIGGLEが提供するソリューションの重要性・市場の拡大可能性を日々実感しています。

DIGGLEの経営陣、プロダクト、市場すべてに可能性を感じ入社を決めました。

「組織の距離を縮め、企業の未来の質を上げる」というプロダクトビジョンを実現するために、再現性の高い営業組織の構築とセールスイネーブルメントの強化に注力してまいります。


■代表取締役 山本 清貴のコメント

竹村のCFO就任と野村のVP of Sales就任を発表することができ嬉しく存じます。DIGGLEが次のステージに上がっていくためにファイナンスおよびセールスの責任者の着任は最優先事項でした。DIGGLEは、CFOの管掌領域である経営管理SaaSを提供しています。竹村にはその事業を提供するCFOとして、バックオフィスを取りまとめるだけでなく、事業戦略の策定と実行まで踏み込んでくれることを期待しています。野村は入社から半年の間に、すでに目に見える形で数値を改善してくれています。個々の商談への関わり方やメンバーとの細かなコミュニケーションは素晴らしく、今後も継続して組織強化への貢献を期待しています。

経営体制強化の背景や今後力を入れる取り組みについて、山本・竹村・野村の3名に聞いたインタビューnoteを公開しました。ぜひ合わせてご覧ください。

「CFOとVP of Salesが就任。より強固な組織をつくる、DIGGLEの向かう先とは」:

CFOとVP of Salesが就任。より強固な組織をつくる、DIGGLEの向かう先とは|DIGGLE公式
DIGGLE株式会社は、「組織の距離を縮め、企業の未来の質を上げる。」をプロダクトビジョンに、迅速で質の高い意思決定を支援する経営管理プラットフォーム 「DIGGLE」の開発・提供を行っています。 この度、DIGGLEではCFO、VP of Salesがそれぞれ就任いたしました。今回は代表取締役 山本さんとCFO竹村...

また本日、以下も公開しましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

CFO竹村 執筆「『管理会計』はマネジメントと事業部の双方のためのコミュニケーションツール」:

「管理会計」はマネジメントと事業部の双方のためのコミュニケーションツール|Takashi Takemura / DIGGLE株式会社
自己紹介 皆様、初めまして。DIGGLEにてCFOを務めております竹村と申します。 note初投稿ですので、簡単に自己紹介させてください。 大学院終了後、日系・米系の証券会社にて10年間程投資銀行業務に従事しました。今思い返せば、M&Aや資金調達のアドバイザリー業務に限らず、ESG、アクティビスト、金融規制...

VP of Sales野村執筆「当たり前の基準を上げる。入社半年で実施したセールスイネーブルメントの取り組み(前編)」:

当たり前の基準を上げる。入社半年で実施したセールスイネーブルメントの取り組み(前編)|のむら|DIGGLE VP of Sales
DIGGLE株式会社のVP of Salesの野村です。 DIGGLEに入社して約半年で経った私がなぜDIGGLEという会社に転職したのか、そして入ってからセールス組織として取り組んだセールスイネーブルメントについて話していきたいと思います。 自己紹介と経歴 新卒でキーエンスに入社し9年間エンタープライズ営業を...

DIGGLEでは、これからの事業・組織を一緒につくっていく仲間を募集しています。採用については以下をご覧ください:

採用情報|DIGGLE株式会社


■DIGGLE株式会社について

DIGGLE株式会社は、「Dig the Potential テクノロジーで、企業の成長可能性を掘り起こす。」をミッションに、経営管理プラットフォーム「DIGGLE」の開発・提供を行っています。DIGGLEはテクノロジーの力で、企業の成長可能性一つひとつを掘り起こし、企業のありたい姿の実現を支援することで、産業と社会の在り方を革新していきます。

https://diggle.jp/about/

■経営管理プラットフォーム「DIGGLE」について

「DIGGLE」は、「組織の距離を縮め、企業の未来の質を上げる。」をビジョンに、経営情報の一元化と組織間のコラボレーション促進により、迅速で質の高い意思決定を支援する経営管理プラットフォームです。予算策定・予実突合・見込管理・レポートといった、経営管理業務全体を「DIGGLE」上で一気通貫で行うことで、予実ギャップの要因把握・アクションの早期化と業績の着地予測精度の向上を実現します。

TOP|DIGGLE(ディグル)_予実管理クラウドサービス
DIGGLE(ディグル)は、業績の着地予測精度を向上をさせる予実管理クラウドサービスです。高い予測精度を提供する事で、"予実ギャップに対するアクションの早期化""経営層や事業部とのコミュニケーションの円滑化"を実現します。予算管理業務に必要不可欠な予算データと実績データの突合は標準サービスに含まれます。

4分で概要を理解できる「DIGGLE」サービス紹介動画:

予実管理クラウドDIGGLEのご紹介
予実管理クラウド「DIGGLE」の紹介動画です。DIGGLEは、予実管理のデータを一元管理することに加え、コミュニケーションの活性化を支援することで、組織内で議論が深まる「場」をつくっています。経営と現場、現場と現場の距離を縮めることで、不確実で先の見えない現代市場において必要な迅速で質の高い意思決定を可能にしま...

【会社概要】

会社名:DIGGLE株式会社

所在地:東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟22階 SPROUND

代表者:代表取締役 山本 清貴

設立日:2016年6月9日

事業内容:経営管理プラットフォーム「DIGGLE」の開発・提供

URL:https://diggle.jp/

タイトルとURLをコピーしました