自治体職員向け研修「自治体変革PJ-DX」が日本DX大賞 支援機関部門で優秀賞を受賞

この記事は約3分で読めます。
2022年6月22日に行われた日本DX大賞 決勝大会 支援機関部門にて一般社団法人シビックテック・ラボの自治体職員向け研修「自治体変革PJ-DX」が優秀賞を受賞しました。

 

日本DX大賞とは、日本のDX推進を加速するために、事例を発掘し共有するためのコンテストです。

大規模法人部門、中小規模法人部門、支援機関部門、行政機関部門、官民連携部門の5つの部門があり、

支援機関部門では7つの企業/団体がプレゼンを行い、シビックテック・ラボでは優秀賞を受賞しました。

日本DX大賞についてはこちら
https://dx-awards.jp/

自治体変革PJ-DXとはどんな研修なのか?
自治体変革PJ-DX(プロジェクト-ディーエックス)とは、自治体職員を対象とした研修です。

実際の業務の課題を研修の題材として利用し、新たなビジョンを考えそのビジョンに向かって業務をどう変革させていくのか?どう業務を定着させるのか?を考えつつ、研修参加者がプロジェクトメンバーとなり、研修を通してプロジェクトとしての業務の方法も同時に身につけます。

また、DXを推進するにはマインドチェンジとチャレンジという人材育成の観点が必要になる為、より素早い仕事の仕方、コミュニケーションツールを活用したいつもと違うコミュニケーションの取り方も推進しています。

2022/6/23時点の実績
・静岡県袋井市(2020/2021/2022)
・神奈川県藤沢市(2021/2022)
・東京都庁デジタルシフトリーダー研修(2020/2021/2022)
・東京都区市町村研修(2021)
・会津地方振興局(2021)
・東京都墨田区(2022)
 

自治体変革PJ-DXについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

講師 市川博之:note

自治体変革PJ-DX研修|市川博之|note
DXがなかなか進まない、ツールを導入してデジタル化が進んでいるよ!など、多くの自治体がDXについて方向性が分からなくなっていることが散見されます。昨年ぐらいからどうしたもんかな、と考えながら、自治体変革PJ-DXとして研修カリキュラムをまとめたので、少し内容を書いておきます。 シビックテック・ラボで、自治体変革P...

当日のプレゼン動画はこちら

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

問い合わせはこちら
https://civictech-lab.jp/%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b

一般社団法人シビックテック・ラボ

タイトルとURLをコピーしました