「live tomorrowWEBマーケティング適正化プログラム」に「WEBマーケティング担当人材育成」を追加。

この記事は約3分で読めます。
マーケティングコンサルティングlive tomorrow株式会社は、WEBマーケテンングに問題を抱える中小企業・直販農家向けに提供しているWEBマーケティング適正化プログラムに、元来別プログラムとして提供していた「WEBマーケティングエグゼクティブ育成プログラム」を6月1日よりウェビナー中心として包括し提供する事となりました。
WEBマーケティングの適正化、低コスト化をご提案するlive tomorrow株式会社(所在地:大阪市、代表取締役:難波孝宏)は、中小企業様、直販農家様向けWEBマーケティング適正化プログラムに、6月1日より本格的にWEBマーケティング担当者育成プログラムを追加、実施します。

従来より別プログラムとして提供していた「WEBマーケティングエグゼクティブ育成プログラム(JHWM構築サポート)」を、現在実施している「WEBマーケティング無料診断サービス」からの「WEBマーケティング適正化プログラム」の包括プログラムとして提案する予定です。

「WEBマーケティングエグゼクティブ」とはlive tomorrow株式会社の造語で、本来WEBマーケティングを担当する人材は、その担当情報量の多さから経営層同等の情報収集、発信能力が必要だという考えからこのネーミングを採用しています。

具体的には、技術・知識優先であった従来の企業WEB担当者とは一線を画し、ジェネレーションZと呼ばれる若いスタッフの育成により、今後消費の中心になる若い世代へのアプローチを推進するのが目的です。

①WEBにおけるマーケティング・ブランディングのコンシューマとのタッチポイント適正化判断をサポート。

②自社(自家)のWEBマーケティング俯瞰図作成能力の向上サポート。

③自社内各部署との折衝サポート(情報収集手法の醸成)。

④SNS運用の目的とKGI、KPIの設定などのサポート。

⑤経営層への企画提案手法、報告手法の構築サポート。

⑥コンシューマ分析からの次世代サービス、商品の社内提案サポート。

等、広範囲にわたる業務への理解と、WEBから導かれる新規業務へのトライアル意識の向上を目指します。

また、コンサルティング業務の全てをリモートでの業務に移行し、人材育成もリモートブリーフィング、ミーティングや、ウェビナー、その際に使用する個々の資料作成などによりコンサルティングの高効率化と低価格化(総額20万円程度)、更に長期サポート(1年)の実施を実現しました。

live tomorrow株式会社は、長年WEBマーケティングに携わってきた企業経営者3名が、新たな時代のWEBマーケティングに対応する為2020年に設立したWEBマーケティングコンサルティング企業です。

 
詳しくはホームページ

中小企業・小規模農家のマーケティング・ブランディング診断|最適なWEBマーケティング戦略のご提案 | live tomorrow株式会社|大阪市
akahige plantはクラウドCGMやSNSを活用して苦境に立つ中小企業を支援するボランティアグループです。 独り立ちできるまでとことんサポートします。 ご遠慮なくお問合せください。

ご覧を下さい。

 

【live tomorrow株式会社について】

本社:〒530-0053 大阪市北区末広町3-7 矢崎第2ビル 5階

代表者:代表取締役 難波 孝宏

設立:2020年8月1日

URL:https://www.livetomorrow.jp

事業内容:中小企業・農家のWEBマーケティング適正化、農業の第6次産業化支援

タイトルとURLをコピーしました