イノベーター養成アカデミー開講記念セミナー第二弾のお知らせ~イノベーションが農業の未来を切り拓く~「先端技術」と「地域資源」の活用による地域イノベーションの可能性

この記事は約3分で読めます。
一般社団法人アグリフューチャージャパン(理事長:合瀬宏毅、東京都港区)は、『AFJ日本農業経営大学校 イノベーター養成アカデミー』(※1)を2024年4月から新たに開講することを記念したセミナーの第二弾として、2023年8月21日(月)にオンラインセミナー(以下、本セミナー)を開催いたします。

本セミナーは、イノベーター養成アカデミーを修了した先にある将来像(目指す人材)である『アグリビジネスイノベーター』(※2)として現在活躍されている方やイノベーション・新規事業支援を専門とされている方にご登壇いただき、アグリビジネス領域の動向や可能性、イノベーションに繋がる着想などについてお話しいただくものです。

今回は、Forbes JAPAN(2023年4月号)『日本が誇る小さな大企業TOP7発表!スモール・ジャイアンツ』特集でも取り上げられ、現場を科学する研究開発型農業カンパニーとして事業を展開されている浅井雄一郎氏(株式会社浅井農園 代表取締役)から、これまでの数多くの挑戦と成果、そしてこれからあさい農園が目指す未来や地域イノベーションの可能性について話していただきます。

また、本セミナー内での『イノベーター養成アカデミー』紹介動画の放映や、セミナー終了後に個別相談の時間も設ける予定ですので、『イノベーター養成アカデミー』にご興味のある方もぜひご参加ください。

※1 2024年4月から開講するアグリビジネス領域で新たな価値の創出や課題解決に取り組みたいと思う方に向けた新たな教育課程。アイデア創出から仮説検証、計画策定を最短1年で行う実践中心のカリキュラムが特長。

※2 アグリビジネスにおいて、新たな価値の創出と課題解決により革新を起こしていく人材のこと(当社団にて定義)。

  • 本セミナーについて

■セミナー内容

・  植木農家の5代目がアメリカ農業に見た夢

・  ミニトマトで第二創業 オーダーメイド型トマトで目指した研究開発型農業カンパニー

・ 「農業」×「経営」×「科学」のプロフェッショナル グローバルなアグロノミスト集団

・ 「先端技術」×「地域資源」で起こすイノベーション あさい農園が目指す未来

■こんな方にオススメ

・  アグリビジネス領域で起業や新規事業を立ち上げたいと考えている方

・  アグリビジネスによって社会課題を解決したい

・  現在の農業経営に変革を起こしたいと考えている方 

■登壇者プロフィール

㈱浅井農園 代表取締役

浅井 雄一郎氏

 

1980年生まれ。大学卒業後、コンサルティング会社等を経て、2008年に家業継承。第二創業としてミニトマト生産を開始。独自の農業バリューチェーンを構築、生産規模拡大に取り組み、国内トップクラスの農業生産法人に成長。

Forbes JAPAN(2023年4月号)『日本が誇る小さな大企業TOP7発表!スモール・ジャイアンツ』特集に掲載。

【本セミナーのページ、申込フォーム】

【セミナー第二弾】「先端技術」と「地域資源」の活用による地域イノベーションの可能性 | AFJ日本農業経営大学校
【セミナー第二弾】「先端技術」と「地域資源」の活用による地域イノベーションの可能性 セミナー内容 ✓植木農家の
タイトルとURLをコピーしました